2010年01月13日

「座敷わらし」の宿「復活」へ 全国から「手紙」「支援金」(J-CASTニュース)

 「座敷わらし」が出る宿として知られる岩手県の金田一温泉緑風荘が全焼して3カ月たったが、各地から励ましの手紙や電話が寄せられている。「ぜひ復活を」という声も強く、そのための支援金集めも始まり、経営者も「再建」を決意した。

 岩手県二戸市の金田一温泉緑風荘は300年以上の歴史があり、幸運をもたらすという「座敷わらし」が出るので有名だ。よく現れる「槐(えんじゅ)の間」という部屋は常に予約で埋まっていた。ここの座敷わらしは南北朝時代に6歳で亡くなった亀麿(かめまろ)だと言われている。宿を営む五日市家の先祖にあたり、守り神として大切にされてきた。

■「2〜3年ぐらいで再建したいです」

 「座敷わらし」をひと目、見たいと、全国から宿泊客が訪れていたが、緑風荘は2009年10月4日に火事で全焼した。宿泊客21人、従業員9人が全員無事だったのは不幸中の幸いだったとはいえ、代々、大切にしてきた宿を失い、自宅もなくした代表の五日市洋さんの落胆ぶりは相当なものだった。

 そんな五日市さんに、全国のファンから1000通以上の励ましの手紙が届いている。また泊まりに行きたいとか、一度も泊まったことがない人は再建したら行ってみたいというものが多い。宿の電話は通じないので、観光協会を通して電話してきたり、五日市さんのところに尋ねてきたりする人もいるそうだ。

 奇跡的に火災を免れ、地元では亀麿くんが逃げ込んだと言われている亀麿神社に、年始にたくさんの人が参拝に訪れた。沖縄から来た人もいた。

 五日市さんは、

  「お客さんに犠牲者が出たら宿をたたむことを考えましたが、たくさんの応援をいただいたこともあり、宿を建て直すしかないと決意しました。また一からやっていこうと思っています。まだ片付けも終わっていなくて先が見えないですが、2〜3年ぐらいで再建したいです」

と話している。

■月末になると必ず支援金を振り込むファン

 ただ、再建するにはかなりの資金が必要で、五日市さんは「自分たちだけでは無理だ」という。

 ファンが集う「亀麿会」では支援金集めを始め、3カ月で330人以上から振り込まれた。1000円の人もいれば、10万円、20万円の人もいて、金額はさまざまだ。月末になると必ず振り込む人もいる。

 会長の内山正朗さん自身も緑風荘の大ファンで、8年間で130泊している。座敷わらしにも何回も会っているそうだ。「非日常的な場所」であるとともに、宿のスタッフが家族のようにもてなしてくれて、心休まるという。

 内山さんは、

  「支援金は少なくてもいいので1人でも多くの方に支援していただけたらありがたいと思います。そして1日も早く宿が再開することを願っています」

といっている。


■関連記事
またまた「2012年人類滅亡説」  隕石衝突か大地震か大津波か : 2009/11/12
「らき☆すた」作者は男だった! ネット驚愕美水かがみ写真公開 : 2010/01/06
「私財を出さない」募金で心臓移植 「救う会」の方針が物議かもす : 2007/11/27
「座敷わらし」が助けた? 火事と避難と再建問題 : 2009/10/06

センティネルズ
さかきのブログ
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
債務整理
posted by クマクラ テツロウ at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。